合宿免許と教習所の違い

合宿免許と教習所の違い

これから自動車やバイクの運転免許をとろうとしている場合、通常、近隣の教習所などに通学して学ぶという方法が考えられます。 教習所で免許をとろうとすると、ぎっちり学科や実技を組んだとしてもそれなりの期間がかかるのがふつうです。時間に余裕がある人であっても、一か月程度かかる人が多く、平均では数か月かかるものです。ほかに学校や会社などに通っていれば、それより長くかかってしまいます。

しかし、ある程度自分の都合で通うことができるのはメリットですし、自宅から通えるのであれば、教習所でとるというのは良い方法でしょう。また、近隣の教習所である場合知人や家族などに紹介してもらえ、紹介制をとっていると安く済むことがあります。こうした教習所で免許をとる方法以外で有名なのが合宿免許です。

合宿免許方法は、おおむね二週間からの期間を教習所近くの宿泊施設で過ごし、午前、午後としっかり学科と実技を学んでいく方法です。

合宿免許という名前ではありますが、実際の宿泊施設は合宿所のほかにホテル、ロッジなど豪華なものもあります。 温泉施設併設や夕食のバイキングなど、リゾート的な色合いのある合宿免許もあります。 自然豊かな場所で行われる合宿免許が多く、旅行やリラクゼーション気分を楽しみながら免許をとることができるのが強みです。

また、補講や追試になっても追加料金なしで何度も指導してくれることが多く、免許をとる自信がない人にもオススメです。